「食費の切り詰め」や「睡眠時間を削る」ことがいかに危ないかがよく分かる話

Sponsored Link

Twitterより

ネットの反応

どんなに切り詰めなきゃいけない時でも食費と医療費はケチるなって今は亡きばっちゃが言ってました。

理由は聞いてませんが、カップ春雨だけ食べてて救急車で運ばれた人がいました。食生活大事ですよね。

学生の頃、一人暮らしを始めてウィダーしか口にしてないって言ってた友人が気づいたら退学してた。原因は体調不良だった気がする。

ポテトチップスは野菜ってポテチばっか食べてた男性スタッフ、因果関係は分からんけど腸に穴あいて入院。バランスのとれた食生活は人間には必要!

本当に節約上手な人はもやしばっかりとか偏った食事しないですよね。食事が偏るとストレスたまって逆に太ったり、違うとこに浪費しちゃったり。きちんと自己管理してこその財産ですね。

自分も25でダブルワーク、トリプルワークで2時間睡眠を8年間続けた後に生活を戻した結果、5分おきに目が覚めるようになり、重度の強迫障害、睡眠障害、人間不信などに陥り福祉課のお世話になったことがあります。

食費や家賃の話をしたら「自分の方が低いです!切り詰めています!」って人が出てくる印象ですが、何でみんなで不幸を目指そうとするのか?何で幸せを目指さないのか?と不思議に思います。住みたい家に住める、高級焼肉・寿司などを満足できるまで食べられる方がいいと思うのですが…。

正に自分…。会社で失明寸前の網膜剥離→術後の痛みと失明するかもとの不安から寝れず食べれずで70kgの体重が52kgに→復職後(右目ほぼ見えず)役職に就き1日14時間の過重労働で会社で倒れ救急搬送から入院→自主退社後も体調戻らず今に至る。壊れた身体も心も何年経っても元には戻りません。


メロン
いくらお金があっても健康じゃなきゃ意味が無い!まあ、健康でも金がなきゃどうしようもないけどwww
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です