【祟り】平将門の首塚を改修工事した日に胴を祀っている茨城県で地震が発生→震源地がまさかの・・・ヒエッ

Sponsored Link

Wikipediaより

将門塚(まさかどづか)とは、東京都千代田区大手町にある、平将門の首を祀る塚である。東京都指定の旧跡となっている。

築土神社や神田神社同様に、古くから江戸の地における霊地として、尊崇と畏怖とが入り混じった崇敬を受け続けてきた。この地に対して不敬な行為に及べば祟りがあるという伝承が出来た。

関東大震災後に都市再開発(復興計画)として大蔵省の仮庁舎を建てようとした際、工事関係者や省職員、さらには時の大蔵大臣(第1次若槻内閣)・早速整爾の相次ぐ不審死が起こったことで、将門の祟りが省内で噂されることとなり、省内の動揺を抑えるため仮庁舎を取り壊した。

また、第二次世界大戦後に戦災復興都市計画として、GHQが丸の内・大手町周辺の区画整理にとって障害となるこの地を撤去・造成しようとした時、不審な事故が相次いだため、計画を取り止めた。

それらの結果、大手町周辺が高層ビル街へと発展後も首塚はバブル景気後も残ることとなり、毎日、香華の絶えない程の崇敬ぶりを示している。近隣の企業が参加した「史蹟将門塚保存会」が設立され、維持管理を行っている。

お笑い芸人の爆笑問題・太田光はブレイク前、この首塚にドロップキックをしたことがあり、そのせいでしばらくの間まったく仕事が来なかったという噂がある。

2020年、将門没後1081年にあたって1961年の第1次整備工事以来、数えて第6次目の改修工事を実施することになった。関係各所の総意として「敷地内の安全性と管理性の向上を目指すと共に、これからの時代にふさわしい新しい将門塚として皆様に愛されることを目指し」実施する。工事期間は2020年(令和2年)11月から2021年(令和3年)4月末。

そんな将門塚の改修工事が先日実施された

ところが・・・



将門公の首塚移動した日に胴を祀っている茨城で地震があったってツイート見たので、また地震あったから神社どの辺にあるのか見てみたら震源地だった

ネットの反応

祟りじゃ祟りじゃ

怨念がおんねんw

将門公パネェっす

呪術士が忙しそう

これは特級呪霊だな…

早く成仏してクレメンス

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルこわいこわい

流石は歴史上最も恐れられている最強の怨霊


メロン
今もどこかで隠れ住んでいる陰陽師の末裔たちが夜に紛れて奮闘してたりして…w
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です