【ヤバすぎ】中国の市職員さん、職場の不満からウォーターサーバーにメス豚の発情誘起用のホルモン剤を混入→それを飲んだ職員らは昼間でも興奮して常に顔が赤く、女性職員が次々と妊娠する事態に・・・

Sponsored Link

山東省の公務員、同僚らに2年間「メス豚用ホルモン剤」投与、職場に強い不満

ライブドアニュース
山東省の公務員、同僚らに2年間「メス豚用ホルモン剤」投与、職場に強い不満 - ラ...
https://news.livedoor.com/article/detail/19144190/
中国山東省乳山市で、幹部任用制度に不満を持つ同市職員は、2017年から同僚らが使うウォーターサーバーに、メス豚の発情誘起に使用されるホルモン剤を混入していた。健康異常を訴える同僚が相次ぎ、同職員が逮捕され

記事によると

・中国山東省乳山市で、幹部任用制度に不満を持つ同市職員は、2017年から同僚らが使うウォーターサーバーに、メス豚の発情誘起に使用されるホルモン剤を混入していた。健康異常を訴える同僚が相次ぎ、同職員が逮捕された。

ウォーターサーバーを利用した職員らは「体重が急激に増えた」。さらに、「男性職員や局長らは昼間でも興奮していて、顔が常に赤く、座っていても汗をかいてしまう。女性職員も次々と妊娠していた」「閉経したはずの50代の女性職員にまた生理がきた」という。

・局長が病院で検査を受けたところ、体内の3種類のホルモンが基準値を大幅に上回った。不審に思った局長が、局内のゴミ箱から、破棄されたホルモン剤の小瓶を見つけ、警察に通報した。

・中国紙・封面新聞によれば、警察当局の担当者は、同職員が投与したのはホルモン剤に間違いないが、「メス豚の発情誘発に使うホルモン剤であるかは不明だ」とし、また「ネット上の投稿は大げさに書いてある」と指摘したという。

・湖北省の住民である高親さんは、「あの職員は、仕事上、上司に不満があったかもしれない。しかし、共産党の『恨む』という洗脳教育を受けた結果、同僚まで傷つけた。これは、将来の中国の縮図だ。洗脳教育を受けた結果、多くの中国人は道徳観が崩れた」とRFAに語った。

ネットの反応

何かスゲーな中国

人間にも効果あるんだな(驚)

申し訳ないが笑ってしまった

やる事がハチャメチャすぎる

相変わらずぶっ飛んでんなwww

職場全体常に発情状態。地獄じゃん。


メロン
怖っ。中国ヤバすぎるだろ・・・
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です