【悲報】元NY市長が暴露「ジョー・バイデンは中国が尖閣諸島に軍事的圧力を強めることを許す代わりに10億ドルの出資を受けた」

Sponsored Link

ジョー・バイデンは副大統領として訪中した際、チャイナが尖閣諸島に軍事的圧力を強めることを許す引き換えに息子の投資会社に10億ドルの出資を受けていた|ジュリアーニ元NY市長が語る

記事によると

・ジュリアーニ元NY市長がYouTubeでハンター・バイデンのラップトップから見つかった数々の証拠資料を元に、次のように語った。(14:54~17:52までの箇所)

以下、一部を抜粋

・「ジョーがチャイナ訪問中に達成するべきだったことは、日本と領土紛争を引き起こしている島(訳者注:尖閣諸島)にチャイナが軍事的圧力をかけていることから手を引かせることと、対米関税を引き下げさせることだった。

・ジョーはハンターとともにチャイナで8日間も過ごした。ハンターがそこで何をしていたのか我々は知らない。しかしジョーについては明らかだ。ジョーはチャイナとの交渉に負け続けていた。

・ジョーが米国に戻ると、チャイナはこの島への軍事的圧力を拡大し、チャイナは対米関税をさらに上げた。アメリカにとって災厄の日だ、ジョー。いつもと同じように、ジョー、おまえはアメリカを裏切り失望させた。

・あなたも私たちに明かさなかったし、オバマも私たちに明かさなかったのは、あなたが米国に戻ってきてから8日後、あなたの息子が中国銀行から彼の未公開株式投資ファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)に10億ドルを払ってパートナーとして参画するという書簡を受け取っていたということだ。この事実はアメリカ国民に対して秘密にされた。」

以下略

ネットの反応

バイデンは日本の敵だな

やっぱり、中国と繋がってたね

どこの国の民主党もろくなのがおらんな

すごいなぁ~!子供の為なら人の国土も勝手に売るのか~!

米国民主党議員だから、驚きは全く無い。基本的に米国民主党は日本の敵だからね。

交渉に失敗した挙句抱き込まれたと。大統領候補以前に政治家としてアウトやんけ。

10億ドルで尖閣諸島を売ったバイデン。尖閣諸島に米軍の基地を設置すると約束したトランプ。どっちが米国大統領になるべきか?考えるまでもない事です。

ルーズベルトがコミュンテルンと組んで、日本を挑発して戦争に引っ張り込んだり、クリントンは日本経済を潰すために人民元の大幅切下げを容認したり、オバマは南シナ海の中国軍事基地化を見ない振り。そしてバイデンは尖閣を中国に売ると…。アメリカ民主党はもう頭のテッペンまで中国に支配されてるなw


メロン
もし本当なら相当やばい奴じゃん…
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です