【悲報】新型コロナの免疫、急速に減退し数カ月で失う可能性があることが判明→ワクチンが完成しても年に2度の接種が必要に・・・

Sponsored Link

コロナ免疫「急速に減退」 英調査、数カ月で喪失も

記事によると

・新型コロナウイルスに感染して抗体ができても、免疫が急速に減退する可能性があることが、英大学インペリアル・カレッジ・ロンドンの大規模調査で明らかになった。抗体の効果を数カ月で失う恐れがあるという。

・調査は英イングランド地方の36万人以上の成人が対象。6月下旬から7月上旬に全体の6%から抗体を検出したが、9月には4.4%だった。

・デーリー・テレグラフ紙は、ワクチンが完成しても免疫が十分に持続せず、年に2度の接種が必要となる可能性があると説明した。

ネットの反応

思ってた通りの流れで笑う。ワクチン打っても長続きしないよ⇒沢山打とうね皆!しかもたかが1年未満という短い期間の臨床試験も大してしていない液体を年に数回打つなんて正気の沙汰じゃない。

やはりそうか。このコロナ肺炎、やっかいなところだけが「ただの風邪」と同じか。飛沫感染、免疫が長続きしない、ワクチンがない。全部ただの風邪の性質と同じ。感染すると強毒性を示す。それだけがただの風邪と違う。

ワクチンによる感染症の押さえ込みをするのであれば、年に2回、下手したら3回の接種が必要になるってこと?供給が間に合うのかの問題もあるし、短期間に何度も接種することによる副作用リスクは大丈夫なんでしょうか?

ついに恐れていた事が・・・。前からそう思ってました。インフルは効き目がきれる頃には季節も暖かくなって消滅しますが、このコロナはオールシーズン生きてるウイルスなので、下手すると年に4回くらい打たないといけなくなるかもと感じていました。考えると怖すぎです。

仮にワクチンができても今後はインフルエンザと同じスタンスで共存していくしかないんでしょうねぇ…。というかそうなっていきそう。知り合いの知り合いがコロナにかかったと初めて少し身近で話を聞きましたけど、突然発熱した後少し落ち着いて、そのあと味覚や嗅覚に異常が出たそうです。その後は落ち着いたそうです。


メロン
ということは、あんな凶悪なウイルスが風邪と同じような扱いになってしまうってことなのか・・・?ヒエッ
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です