【恐怖】ボタン電池を誤飲した3歳女児、食道が焼けて穴が開き大動脈まで達して死亡・・・

Sponsored Link

ボタン電池誤飲の3歳女児、食道に穴が開き大動脈まで達し死亡(豪)

記事によると

・豪クイーンズランド州に住むロレインさんとデイビッド・コンウェイさんは7月28日、末っ子で3歳のブリトニーちゃんをボタン電池の誤飲で亡くした。

・ブリトニーちゃんに最初に異変が現れたのは亡くなる3週間前のことで、ロレインさんに「ママ、喉が痛いの」と訴えると嘔吐した。ロレインさんはブリトニーちゃんが少し前に舐めていたキャンディを喉に詰まらせたのかと思い様子を見ていたが、その後も2度嘔吐したため、かかりつけ医に電話で相談をした。

・医師はロレインさんに「きっと食中毒でしょう」と告げたが、その翌日に食事を終えて車に乗ったブリトニーちゃんは突然鼻血を出し、胸を押えて苦しみだした。ブリトニーちゃんは前屈みになると「ママ、胸がもの凄く痛い」と言って悶え始め、驚いたロレインさんはゴールドコーストにあるロビーナ病院の緊急治療室へと車を走らせた。

・ロレインさんは病院で胸のレントゲンを撮ってくれるようお願いしたものの、医師はブリトニーちゃんの身体をしっかり診ることもせずにこう言った。「きっとウイルスにやられたんでしょう。とにかく少し様子をみましょう。ウイルスであれば3~5日もすればよくなりますよ。」こうしてブリトニーちゃんは、病院で4時間ほど監視下に置かれた後に自宅に戻されてしまった。

・ブリトニーちゃんはその後、食事をすると嘔吐するようになり、かかりつけ医の診察を受けたが、ここでもまた「ウイルスですよ」と診断された。そして喉の痛みを訴えてから9日目の夜、食欲もなくなり回復する様子が見られないブリトニーちゃんが寝室で酷く咳き込んでいるのをロレインさんは耳にした。慌てて駆けつけたが、そこで目にしたのは大量に吐血して意識を失い、血の海の中で倒れているブリトニーちゃんだった。

・ブリトニーちゃんは救急車でゴールドコースト・ユニバーシティ病院に搬送され、ロレインさんから症状を聞いた医師らはすぐにレントゲン検査を行った。そしてここで初めて、ブリトニーちゃんの胸部にボタン電池があることが判明したのだった。誤飲したボタン電池はブリトニーちゃんの食道に穴を開けて大動脈にまで達しており、医師らは9時間をかけて摘出手術を行った。しかしブリトニーちゃんの状態は思わしくなく、その後クイーンズランド小児病院で再び手術が行われたが、28日に亡くなった。

・ブリトニーちゃんが誤飲したボタン電池(コイン型リチウム電池)は、誤飲して食道に停滞すると約2時間で重度の化学やけどを引き起こし、食道に穴を開けたり重篤な合併症を引き起こすことがある。また体内で放電して腐食するため、摘出後も最低1か月は注意深い観察が必要であるという。

ネットの反応

かわいそすぎるだろ…

医師は何をしてたんだ(泣)

あまりに悲しい。言葉も出ない、、、

想像を絶する痛みだろうな。怖すぎる

自分が親の立場なら立ち直れないわ…

親がちゃんと見てなかったのが悪いかと
↑↑↑
子どもを四六時中監視できるスーパーマン気取り?ボタン電池は小さいし、誤飲したのを親のせいにはできないよ。

お子さんがいる方はこのニュースを読んでもう一度身の回りに危険なものがないか家中を調べてほしいですね……。


メロン
危険なものは絶対に子どもの手の届かない場所に保管しないといけないな……。
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です