【衝撃】1日1万歩のウォーキング、健康にも生活習慣病にも特に効果が無いことが判明!→「ただの時間の無駄。心拍数が上がらないと意味がない」

Sponsored Link

Twitterより

「1日1万歩」神話の崩壊!? 「インターバル速歩+ミルク」が「健康改善効果大」の研究結果

記事によると

・信州大学大学院(医学系研究科)の能勢博教授の研究によると、ダラダラと長く歩くよりも、「早歩き」「ゆっくり歩き」を交互に繰り返して効率的に歩くほうが、体力向上や血圧低下に効果があるという。

・熟年男女を対象に行った実験では、「インターバル速歩」「普通の歩き方で1日1万歩」「何も特別なことをしない」の3条件にグループを分け、5か月後の結果を比較した。

・インターバル速歩では、「1日1万歩」のグループより、平均して歩行時間と歩数がやや少なかったが、体力向上と血圧低下の効果が大きかった。一方で、「1日1万歩」組は、「何も特別なことをしない」組と近い数値で、ほとんど効果がなかった。

・能勢教授は、5か月間のインターバル速歩で「『体力最大20%向上』『高血圧、高血糖、肥満が20%改善』『医療費が20%削減』の3つが達成された」と胸を張る。

ネットの反応

……まじですか???

でも、そんな気してた。

また適当な事いってるんじゃないのかな

その通りだと思う。走らなきゃ意味ない

ちんたら一万歩を歩くより、ちょっときつい速歩きを20分とかの方がいいんやな。

階段も実際はあまり意味がないどころか、腰を悪くすると聞いたことがありますね。

大昔にエアロビクスが流行った際にも言われてましたから、忘れた頃に啓蒙するのは大事やと思います


メロン
なるほどな~!これはいい情報!
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です