【朗報】うつ病と心の弱さは全くの無関係ということが判明!→原因となるウイルスが発見される!

Sponsored Link

うつ病は「心の弱さからくる病気ではない」専門家

記事によると

・自殺との関連が高いといわれているうつ病。そのうつ病の原因となる物質を作るウイルスの遺伝子を発見した専門家は「心の弱さからくる病気ではない」として治療を呼び掛けています。

・慈恵医科大学の近藤一博教授らは今年、ほぼ全員が感染しているヒトヘルペスウイルス6の遺伝子がうつ病の原因となるたんぱく質を作っていると発表しました。SITH-1と名付けられたたんぱく質は疲労やストレスで増え、うつ病患者の8割が影響を受けていて、血液検査で調べることができます。

・慈恵医科大学・近藤一博教授「その人がうつ病になりやすいかを調べて、生活習慣や働き方を調整していくことでうつ病を予防できる。誰でもかかり得る病気にかかったと。(うつ病は)心が弱いからや自分の責任でなる病気では決してない」

ネットの反応

もっとうつ病は誰でもかかり得る病気だということと甘えじゃないことを認知されてほしいなあ。当事者としては。

ウイルスの病気って事なら早期回復も予防薬も作られるかもしれないってことか。うつ病がインフルエンザや他の病気と同等に扱われ気軽に治療ができる日は近そうやね

最近分子栄養学について調べてて、良質なたんぱく質を摂ることがうつ病を治すきっかけになると分かって、今それを実感してるから個人的にタイムリーな話題。ボディビルダーが肉体的かつ精神的に元気にみえるのは、運動だけでなくもしかして良質なたんぱく質を毎日摂取してるからなのかな?

健康診断の時にたまたま内科の先生とうつ病のことで盛り上がって、「とりあえず卵と肉を毎日食べましょう」って言われて実践したらまじで元気になり始めた。

研究を進めてくれている人がいることに感謝します。早く特定されますように。そして多くの人が救われますように。


メロン
いいね!素晴らしい研究結果!!!
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です