【中国】緑あふれる集合住宅が売り出され入居者殺到→誰も植物を手入れせず蚊が大量発生してほぼ無人に・・・

Sponsored Link

「都会の楽園」のはずが…緑あふれる集合住宅、蚊の来襲でほぼ無人に 中国

Yahoo!ニュース
「都会の楽園」のはずが…緑あふれる集合住宅、蚊の来襲でほぼ無人に 中国(AFP...
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2912be0e2eb0415490770e963b0fa19e5ae69a5
【AFP=時事】中国の大都会で緑に囲まれる暮らしを提案した実験的な集合住宅は、売り出された当初、「階層的な森林」の中での生活を約束した。各部屋のベランダには、手入れされた庭があるはずだった。

記事によると

・中国の大都会で緑に囲まれる暮らしを提案した実験的な集合住宅は、売り出された当初、「階層的な森林」の中での生活を約束した。各部屋のベランダには、手入れされた庭があるはずだった。

・集合住宅の不動産業者によれば、全826室が今年4月までに埋まったという。ところが、蚊も植物を好む、ということが問題だった。蚊の来襲が原因で現在およそ10世帯しか入居していないという。

・2018年に建設されたこの集合住宅には、植物を育てるための空間として各部屋にベランダが設置されている。しかし植物を手入れする居住者がいないため、集合住宅の計8棟は植物に覆われて蚊に侵略されている。

・今月撮影した写真からは、放置されたベランダが植物にほとんどすべて覆われ、建物の至る所で伸びた枝が手すりに広がっているのが分かる。

以下、全文を読む

ネットの反応

そんな都合のいい自然のいいとこ取りができるなら人類はとっくに大自然に勝利しているだろう。

売ったはいいが、買った人の大半が投機・転売目的でハナから住む気がなかったとかなのかな?設計コンセプトとしては悪くなかったのかもしれないが、それだと管理なんかされないよね…。20年以内に腐食と自重で倒壊しそうな気がする…。

コンセプトは良かったと思うんだ。コンセプトは、ね。ただ、実力が伴わなかったんだろうな。管理会社が年中無休、昼も夜も無く全力で手入れしなきゃ、あっという間に埋もれるに決まっているよね。で、この建物、この後どうするの?

下水道が完備されてる日本と違って、アジア圏のほとんどの地域では蚊やハエがブンブン飛んでいる。高層マンションの良いところは、虫が上まで上がってこないところのはずなのに、これではお粗末すぎます。

緑あふれているということはイコール虫とのお付き合いだからなぁ。緑あふれる庭園を持つ豪邸だって毛虫は出るしセミはいるしここ同様に蚊も出る。自然と付き合う、取り入れるってことはそういうこと。


メロン
まるで終末後の世界みたいだな…。これはこれで見てみたい気もする
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です