河野防衛大臣「UFOに遭遇した場合の対処方針はもう間もなく発表します」

Sponsored Link

もしUFOに遭遇したら… 河野防衛相「近く対処方針」発表へ

Yahoo!ニュース
もしUFOに遭遇したら... 河野防衛相「近く対処方針」発表へ(フジテレビ系(FNN)...
https://news.yahoo.co.jp/articles/be3fad0ae2655d0a5d2c054f34948f034b4ec5d9
幻想的なオーロラの撮影中に映り込んだ謎の光。場所は南極付近。複数の発光体が、かなりのスピードで移動している。南米ペルーでは、キリスト像の後方に光る物体が。わずかに移動しながら浮かんでいる

記事によると

・世界各地で目撃情報が絶えない「UFO(未確認飛行物体)」。このUFOをめぐって、日本の大臣から気になる発言があった。

・9月8日の会見で、記者からの「UFOの対処方針について」の質問に、「対処方針については、もう間もなくでございます」と答えた河野防衛相。

自衛隊機が、万が一UFOに遭遇した場合の撮影や報告の手順に関する対処方針を、近く決定すると明らかにした。

・UFOに対する自衛隊としての備え…。きっかけとなったのが、この映像。

・米軍パイロット「見ろよ!飛んでるぞ!気球じゃないよな?」。アメリカ海軍のパイロットが、絶叫しながら撮影した不審な飛行物体。2020年4月、アメリカ国防総省が初めて公開した。

・これを受け日本の防衛省は、UFOに遭遇した際、どう対処するのかを検討してきた。

以下、全文を読む

ネットの反応

まず、事実として航空自衛隊のパイロットや民間のパイロットはUFOをかなり目撃している。写真に撮影して上告を上げている自衛隊員もいる。変わらなければいけないのは上層部の連中で、精神的な疾患として処理する事が慣例化していることが問題。

「未確認飛行物体」の存在を、なぜ今まで認めて来なかったんだろう。パニックになるから?いやいや、よく分からない飛行物体がある事を知らない事の方が怖くないか?で、最近になって、なぜ急に認め出したの?まぁ、政治も役所も、分からない事に対してやっとまともに向き合おうとしているのかな。まずはそこからだよね。

UFO対策を真面目に議論することで、つい最近あったような正体不明の気球を取り逃がすことの無いようにしてもらいたい。

米国におけるUFO=未確認飛行物体とは、地球外生命体だけということではなく、他国のステルス兵器であったり、身元が確認取れない飛行物体も含まれると聞いたことがあります。日本でもつい先日、ドローンのような機械が付いた白い謎の球体が話題になりましたよね。米国でも同様なものが確認されたみたいですね。あのような場合な対応も決めておかないとということなのかな?

アメリカは昔から卓上演習で「UFOによる侵攻」や「ゾンビの大量発生」への対応を真剣に行っている。

私の夫はめちゃくちゃ馬鹿だったのに、ある日突然頭が良くなった。ノートもとらない、宿題もしない。なのに、テストは全教科90点より下を取らなかったと。「宇宙人にチップを埋められたとしか思えない」らしい。会社の同僚は子供の頃に宇宙人に足に何かを埋められた記憶があるらしい。それから走るのが早くなったんだって。私にもなんか埋めてくれないかな。


メロン
うおー!凄く気になるんだが!!!
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です