大炎上中の立憲民主党・石垣のりこさん「福山幹事長に指摘されたので謝罪します」→更に大炎上

Sponsored Link

Twitterより

↓↓↓

先ほど福山幹事長より「”大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物”という表現は、不可抗力である疾病に対して使う言葉として不適切である」とご指摘を頂きました。確かにこの箇所の表現に、疾病やそのリスクを抱え仕事をする人々に対する配慮が足りなかったと反省しお詫びします。

ネットの反応

いい大人が、しかも国会議員が、人に指摘されないとそんなことにも気づけないなんてほんと終わってます。同じ病気のわたしは「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」と分類されたこと、怒りというよりも本当に悔しくて涙が止まりません。

「確かに」とか「この箇所の表現に」とか言葉の端々に本当に反省していないのが伝わるし、謝れって言われたから謝ります感が伝わってきますね。

一連の発言に対し、万を超えるリプライが来ていて、福山幹事長が指摘したことと同じ内容も沢山あったにも拘わらず、今までその言葉が言えなかったということは貴方には国民の声は届かないということですね。理解いたしました。

いや、違うでしょ!まず、安倍さんに詫びるのがスジというもんではないんですか?相変わらず、言葉が軽い。空虚なお人ですな。

配慮が足りなかったのではありません。それを差別というのです。差別は意図ではなく結果です。そしてその自覚があるかないかに関わらず言葉に出してしまった結果を「ヘイト」というのです。その結果には責任を取らなければなりません。辞職してください。

謝っておけばいいんでしょ。ハイハイすみませーんって感じですよね。誰も体調崩したくて崩してるわけないですし、いくら気をつけていても崩す時は崩します。あなたみたいな人が政治家でいることが少し怖く感じます。

回目に謝罪すべきタイミングでなぜ謝罪しなかったのですか?自分の意思を貫くのがかっこいいとでも思ったのですか?幹事長に言われないとお詫びできないその傲慢な感覚は全然国民の感覚と掛け離れていますよ。本心がそうであれば国民のための政治なんてできないと思います。

要約すると「上司に叱られたから撤回するけど本心です」ってことですよね。指摘されるまで言い訳に終始してましたし。貴方の難病患者への気遣いがない、差別的な本質の部分は世に知れ渡りました。今更遅いです。お疲れ様でした。


メロン
文章から「何で私が謝らないといけないの?」オーラが滲み出てるなあ・・・
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です