立憲民主党・石垣のりこさん「安倍総理は大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力の無い人物」→大炎上

Sponsored Link

Twitterより

↓↓↓

総理といえども「働く人」。健康を理由とした辞職は当然の権利。回復をお祈り致します。が、「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の「選任責任」は厳しく問われるべきです。その責任を問い政治空白を生じさせないためにも早期の国会開会を求めます。

ネットの反応

大事な時に体を壊す癖、はちょっと言い過ぎだと思います。では、身体障害をもつ国会議員についてはどのようにお考えでしょうか?高血圧、高脂血症などの持病を持っている国会議員については如何でしょう?常に体を壊してますが。それに、長い任期の中で大事でない時があったのでしょうか?

体を壊す癖ってなんですかね。その発言は人としてどうかと思いますよ。

少しでも人間らしさを残しているならば、今すぐこんな事はやめなさい。

安倍総理は色々と批判されてしかるべき総理だと思いますが、「大事な時に体を壊す癖」というのは不適切な表現だと思います。

この「癖」発言は記録させていただきます。リハビリテーション専門職についている者としては、大きな問題として捉えさせていただきます。このような発言を教材とし、大学生たちには、なぜこのような表現が問題なのかを説明し、彼らと道徳・倫理の重要性について考えてみたいと思います。

危機管理能力で病気のコントロールができるならば医者はいりませんよ。そして病気になりたくてなる方もいません。石垣さんも将来体調を崩すこともあります。政治云々ではなく病気に対して厳しい言葉を発するのは少々悲しい気持ちになります。

癖?私の妹も総理と同じ病気です。あなたは非常に失礼な物の言い方をしますね。

私の弟もこの病気で泣く泣く大学中退し、未だに定職につけずに苦労しています。本当にこの発言には胸を締め付けられました…。病気になりたくてなる人なんていないのに…。想像力が乏しすぎる…。

自身には議員である前に人として何か大切なものが欠けていると思いませんか?そんな人に国政を任せようとは思えない。


メロン
おいおい、これで議員ってマジか…
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です