安倍首相、正式に辞意を表明

Sponsored Link

安倍首相、辞意を表明 持病再発「総理の地位にあり続けるべきでない」

記事によると

・安倍晋三首相は28日、記者会見し、辞任する意向を明らかにした。持病である潰瘍性大腸炎が再発したことを説明したうえで、

「国民の負託に自信をもって応えられる状態でなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではないと判断した。総理大臣の職を辞することといたします」

と述べた。安倍首相は、第一次政権(2006~07年)時代にも潰瘍性大腸炎の悪化などにより退陣した。

・会見で安倍首相は新しい薬の効果により「この8年近くの間しっかりと持病をコントロールしながら、なんら支障なく、総理大臣の仕事に毎日、日々全力投球することができた」と説明。しかし、今年6月の定期健診で再発の兆候が見られると指摘されたという。

「薬を使って職務をあたってきたが、先月中頃から体調に異変が生じ、体力をかなり消耗する状況となった。8月上旬には潰瘍性大腸炎の再発が確認された。現在の薬に加えてさらに新しい薬の投与をすることにした。今週初めの再検診で、投薬の効果があることが確認されたものの、投薬の継続的な処方が必要であり、余談を許さない状態だ」

「政治においては最も重要なことは結果を出すことである。私は政権発足以来そう申し上げ、この7年8か月結果を出すために全身全霊を傾けてきた。病気と治療を抱え、体力が万全でないという苦痛の中、大切な政治判断を誤ること、結果を出さないことがあってはならない」

と辞意を固めた経緯を語った。

・安倍首相は8月24日、首相としての連続在任期間が2799日となり、佐藤栄作元首相の記録を上回って、歴代最長となったばかりだった。第一次政権(2006~07年)時代を含む通算の在任期間も昨年、歴代最長となった。

以下、全文を読む

ネットの反応

相当症状が悪化していたのでしょう。オリンピック延期やコロナ対応で相当な心身に支障をきたしたのでしょう。長きに渡り、総理大臣という重責を担い国民の為に頑張られたと思います。ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。ゆっくりと体を休めて療養し、一日も早い快復を祈念いたします。

まずはお疲れ様でした。長期の総理の仕事はかなり激務なんだろうね。ゆっくり休んでください。ただ心配なのは次の人。
間違っても、親中・親韓の人だけは絶対に辞めてほしい。
日本のことを1番に考えてくれる人になってもらいたい。個人的には河野さん推しだがどうなるのか?

お疲れ様でした。ここからがどうなるか…。親中派が総理になればまた日本は中国人でごった返し、情報や技術も奪われ、無駄に税金で中国に忖度されて、韓国にも中国にも好き放題されてしまう。

どんどん生き難い時代となり、平和の祭典も無くなり、世界も仲良しごっこは終わり、いつ世界対戦が起きてもおかしくない世の中となっている。次の総理は官僚の言いなりでは無く、今を生きる子供たちが希望の持てる国になることをまずは考えていただきたい。。。どうかトランプさんや、外交にも強い人が継いでくれないと……祈るしかない。

中国に狙われているし、後継の方は本当に毅然とできる人でなければ、国民も自民党から離れるでしょう。安倍総理があれだけ韓国に嫌がられたのも、毅然とできたし対策や対応も色々された結果だと思います。次はできれば河野さんが引き継いでくれたら、応援できるのではないかと思います。

22歳のうちの息子も同じ潰瘍性大腸炎です。この数ヶ月前から総理と同じく再燃してしまい、毎日血便が何度も下痢と共に出てしまっていて薬も効かず外に出られない毎日です。心身共にやられてしまっています。その状況を目の前に症状を見ているので安倍総理が難病を患いながらも日本のトップに立ち、コロナ問題という心労が最大に掛かる中本当に大変だったかと思います。やはりストレスや気圧、心労が1番の原因かと思われる潰瘍性大腸炎。早く完治できる薬ができるのを祈るばかりです。ゆっくり休養して欲しいと思います。お疲れ様でした。ゆっくり休んでください。

病気は仕方がないですもんね。長きにわたりお疲れ様でした。なんだかんだ、日本が安定していたのは、安倍総理のおかげだと思います。米国との外交も良かったですし。次が誰になるか期待より不安が大きいです。引き続き米国との関係を良好に保ち、中韓国に毅然と対応できる総理を希望します。

辞意を表明してホッとしたのか表情が穏やかになったように見える。お疲れさまでしたと言いたい。


メロン
長い間本当にお疲れ様でした。
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です