【悲報】セブンイレブンのお茶の違いが分かりづらいと物議に・・・

Sponsored Link

Twitterより

セブンイレブン…!!
お前…!!
お前アァァーーー!!!

ネットの反応

ローソンにしてもセブンイレブンにしても、最近は商品の違いが分かりにくいデザインが多くなりましたね。経費節減の事情から、プロのデザイナーを雇えなくなって、素人同然の社員がデザインをしているのかな?

一番困るのは補充する店員さんのような気がする。よく見たら茶の横に文字が書いてあるけれど、パッケージチラ見で見分けが付かないのは不便ですね。

視覚障害者〔弱視〉の視点から話てもやっぱりやめてほしいですね。お茶なのはラベルを見なくたってわかる。ジャスミンと麦茶の違いくらいはラベルを見なくてもわかる。だけど、ほうじ茶と麦茶は棚を開けて、持ち上げないとわからない。ローソンといい、セブンといい、ユニバーサルデザインから遠ざかってる。お洒落なのはいいと思う。デザインが嫌いなわけじゃない。ただ、近づかなきゃなにかわからない→近づけてみる→周りから変な目で見られる。近すぎるよって声をかけられることもある。ちょっと困るのね。

パケの形が違うので、毎日買う人はマジで楽だと思うけどなぁ…。烏龍茶→上の丸み 麦茶→横溝 ほうじ茶→ねじれ ジャスミン茶→色 慣れればすぐだと思う…。マジでローソンと一緒では無い。全てを否定すべきでは無い。
↑↑↑
差が間違い探しレベル。慣れればすぐだとしても、慣れるまで迷い続けてしまいそう。

あ茶ぁ~…。間違えそうで、ちゃっちゃと買えなくなるわ
↑↑↑
買うときに、茶んと見ないと……
↑↑↑
間違えたりしたら、困っ茶いますね……
↑↑↑

茶ん茶ん♪

あ、別だったんや。。。紅茶だけは英語だから。


メロン
これは分かりづらいな・・・
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です