【悲報】4~6月期GDP年率27・8%減→戦後最悪のマイナス成長を記録した模様・・・

Sponsored Link

4~6月期GDP年率27.8%減 コロナ拡大で戦後最悪のマイナス成長

Yahoo!ニュース
4~6月期GDP年率27.8%減 コロナ拡大で戦後最悪のマイナス成長(毎日新聞) - Yah...
https://news.yahoo.co.jp/articles/cbf31f6f14bd5e01435c40db17ca2097a802eee7
 内閣府が17日発表した2020年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比7・8%減、この状態が1年続いた場合の年率換算は27・8%減となり、リーマン・

記事によると

・内閣府が17日発表した2020年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比7・8%減、この状態が1年続いた場合の年率換算は27・8%減となり、リーマン・ショック後の09年1~3月期の年率17・8%減を上回る戦後最悪のマイナス成長を記録した。

・新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言で個人消費が大きく落ち込み、世界的な感染拡大により輸出も急減して内外需ともに総崩れだった。

以下、全文を読む

ネットの反応

呆れ果てて??消費税上げる議論より、まず国会議員の給料カットを2~7、8くらいまで削減してからの議論でしょう!国民は今1円だって大変な人も少なくないですよ。議員の給料は私達の税金なんですから、まだお金を取ることを優先させるのは許されることではない。

こんなことがあっても国会議員の懐は痛まない。痛感しているのが口癖の総理なら全国会議員の給与削減案をすぐに提示して欲しい。国民を欺いて消費税を上げて、キャッシュレスを導入しようとしたことは重い。

結果は予想できました。じゃあ、支出をどう減らすかの議論だ。消費税、タバコ税など、議員は自分に都合のいいところから税金をとってきた。そろそろ議員数や議員の所得など、手をつけていなかったところを大幅に削減する番だと思います。

消費税撤廃と議員(国会・地方問わず)歳費及び定数の削減がまず議論されるべきなんだろうけど、仕組みを作る側が自らの首を締めるはずもなく結局は国民に我慢を強いながら搾り取るだけ搾り取る方法を考えるんだろうね。現官僚と自公政権のやりそうなことですわ。

アメリカやドイツより少しはマシか?しかし本格的な回復はワクチンや特効薬ができるまでは難しそう。そしてワクチンや特効薬はホントにできるのか?もしできないとすればリーマンショックはおろか大恐慌よりひどいことになる。資本主義は回ってゆくのだろうか?

国難ですよね。国難も国難。日本国始まって以来くらいの国難。これまでに政治家が、国のトップがどう過ごして来たか。たとえ選挙のためだとしても、身を切る提案してきたか。議員定数削減、ボーナス辞退、休み返上、消費税減税など。この数字見てからやってももう遅い。今の政府には、庶民と共に戦ってる感じがしない。

経済立て直すには、まず無駄を省くところから始めなければならない。国会議員定数の削減から始めるべき。人口減少していく中で定数削減しないこと自体おかしい。現在の小選挙区制では軋轢があって容易でないというならば、中選挙区制に戻せばいい話だ。

そんな中で政府は無駄な事ばかりに税金使っているよね。見えないところで余計な金を使ってるんだろうな。電通だのマスク業者だの癒着業者への還流は本当に勘弁して欲しい。


メロン
新型コロナの感染拡大なんて誰も予想出来ないし、正直仕方ない結果といえばそうなんだけど、だからといって消費税増税を中心に考えるのはいかがなものだろうか?
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です