中国から台湾まで7時間かけて泳ぎ切った猛者現るwwwwwww

Sponsored Link

中国から台湾まで7時間かけて泳ぎ切った男性が現る、目的は「中国政治からの逃亡」

記事によると

・台湾の沿岸警備局(CGA)は2020年8月10日、中国から密入国しようとした男性を逮捕したと発表しました。男性は船や飛行機ではなく、中国から東シナ海を7時間かけて泳ぎ続けて台湾にたどり着いたとのことです。

・CGAによれば、逮捕されたのは45歳の中国人男性。男性は2020年8月9日(日)午前3時に中国・廈門市を出発し、7時間かけて海を泳いで渡り、台湾・金門県に流れ着いたとのこと。

・台風6号の接近で警戒態勢だったCGAが、9日の朝に「金門県の海岸に怪しい物体が浮かんでいる」という通報を受けて確認したところ、通報のあった物体は泳ぎ疲れて浮かんでいる男性であったことが判明しました。

・身柄を確保された時、男性は中国での身分証明書、人民元の紙幣と腕時計、わずかな小銭しか持っていなかったそうです。男性は、海を渡ってまで台湾に不法入国しようとした動機について、「中国の政治環境に耐えられない。リスクを背負ってはるかに自由な台湾へやってきた」と語っています。

以下、全文を読む

ネットの反応

こりゃ凄いwww

中国から亡命したいっていう人も当然いるんだよね

コロナ検査終わった後亡命できるんだろうか?

すげえ…。深夜の真っ暗な海を泳いでわたるとは…。

金門島まで泳いだのか。さすがに台湾海峡は泳いで渡れないよなあ。

泳いで中国から台湾に渡れるわけねーだろ嘘つくなと思ったけど、金門県でどう見ても中国にしか見えなかったあれって台湾なのね。

金門県は、台北市がある台湾から遠く離れて中国大陸に近接する島で、中国から泳いで渡れる距離でありながらも台湾統治下という複雑な背景を持つ地域。

泳いで逃亡した人有能スギィ!


メロン
これはシンプルに凄いな・・・
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です