中国漁民「尖閣行きは今年も当局の指示次第」→本音は遠いし儲からないので行きたくない模様

Sponsored Link

尖閣行き「当局の指示次第」 中国漁民、東シナ海出漁準備

Yahoo!ニュース
尖閣行き「当局の指示次第」 中国漁民、東シナ海出漁準備(時事通信) - Yahoo!ニ...
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab49ae93b80f554fbaf4b6f8b11d434263f53885
 【台州(中国浙江省)時事】沖縄県の尖閣諸島沖で中国公船が領海侵入を繰り返し、日中関係の緊張が続く中、中国東部、浙江省の漁港では、近く禁漁期が明ける東シナ海への出漁準備が進められている。

記事によると

・沖縄県の尖閣諸島沖で中国公船が領海侵入を繰り返し、日中関係の緊張が続く中、中国東部、浙江省の漁港では、近く禁漁期が明ける東シナ海への出漁準備が進められている。

・ただ、片道2日を要する尖閣沖への出漁は一部大型漁船を除くと「そんなにもうからない」(漁民)のが実情。必ずしも積極的ではなく「当局の指示次第」のようだ。

・「釣魚島(尖閣)は中国のもの。日本への引き渡しは許さない」。5日朝、台風直後の石浦港(象山県)を案内してくれた船長(63)は公式見解を力説しつつも「燃料費もかかる。行きたいという漁民は多くない」と付け加えた。

・尖閣沖では4年前の8月、中国漁船の領海侵入が相次ぎ、外交問題になったが、この船長は「釣魚島沖の適漁期は10月ごろで、8月に出漁したのは当局の指示があったから。今年も当局の指示次第だ」と断言した。

以下、全文を読む

ネットの反応

尖閣での漁業が得にならないという事実を、厳格な取り締まりという方法で、しっかりと知らしめてもらいたい。何時ぞやの赤珊瑚のように、やられ放題で何も出来ないという事がないようにお願いしたい。もちろん、それ以降、対策は出来ているんですよね。

つまり、尖閣諸島に中国漁船群が接近してきたら、それは中国政府の命令によるもので、民間の健全な商業活動ではない。であれば、準軍事行動とみなして対応する、と米国と協議した方がいいだろうね。

国民すべてが民兵のよう…。採算合わなくても当局の指示次第で尖閣へ漁に出る。当局は指示と燃料費の給付もするんだろうね。漁民を駒にしてジワジワ既成事実を作る作戦か。今まで以上に取り締まりを厳しくして欲しい。

Googleマップでみるとこの象山県から尖閣までは、石垣島からの3倍くらい距離がある。荒れやすいしそれほど魚が取れないとなると漁民の本音は行きたくない、って事でしょうね。大量に漁船がきても、やる気のない漁師たちが当局に言われるがままに行かされるのなら、ここは尖閣沖に大量の日米海軍艦艇を滞留されたら、ビビりまくってあっという間に退散するでしょう。ロナルドレーガンは今日本海を南下中との事ですので、時間的にはには尖閣に行くのに調度いいペースですね海上自衛隊も九州方面からなら2日で海域に到着出来るので、河野大臣の大胆な指示を期待してます。

結局共産党の指示でやってるってことね。

儲けがないのに行かせるのは既成事実を作ることに執着してるから。最近は警告や没収、衝突もあり、恐ろしく感じるとあるけど、違法操業だから当たり前。最後は強い方が島を取ることになると踏んでるなら、もう一歩踏み込む必要があるかと、静観などもってのほかですよ。


メロン
本当にどうしようもない国だな・・・
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です