中国漁船260隻がガラパゴス諸島周辺で違法操業→絶滅危機のサメを密漁するなどやりたい放題している模様・・・

Sponsored Link

ガラパゴス諸島周辺で中国漁船が違法操業か エクアドルが非難

NHKニュース
ガラパゴス諸島周辺で中国漁船が違法操業か エクアドルが非難 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200808/k10012558261000.html
【NHK】南米のエクアドルは、ガラパゴス諸島の周辺海域で中国の漁船が海洋資源を荒らしているなどとして、周辺国やアメリカとともに非難…

記事によると

・南米のエクアドルは、ガラパゴス諸島の周辺海域で中国の漁船が海洋資源を荒らしているなどとして、周辺国やアメリカとともに非難を強めています。これに対して中国は、国際的なルールに従っているとしながらも、漁船の操業を猶予して、エクアドル側と協議する姿勢を示しています。

・エクアドルのガラパゴス諸島は多種多様な生物が生息し、ダーウィンが進化論を発表するきっかけとなったことでも知られ、ユネスコの世界遺産に登録されています。

・エクアドル政府によりますと、ガラパゴス諸島周辺の排他的経済水域で先月半ば、中国籍とみられるおよそ260隻の漁船の操業が確認されたということで、絶滅のおそれがあるサメなどを密漁していたとみられています。

・このためエクアドル政府はコロンビアやペルーなど南米の周辺国と連名で、違法操業を非難する声明を出したほか、アメリカのポンペイオ国務長官も今月5日、エクアドル政府を支持する考えを示しています。

以下、全文を読む

ネットの反応

世界の海から締め出さないと、海洋資源を枯渇するまで盗りまくる国なのに、国連の常任理事から外せない決まりは無くすべき。その前に国連は解体再編成すべきだと思います。

以前、赤サンゴをとっていたよね。なんの反省もないまま、世界各地での暴挙を許すこと出来ないね。強烈な制裁が必要と思いますー。

かつて中国漁船団が小笠原諸島でサンゴだったか?を取って大量に持ち去っていって問題になったことがあったが、日本の領海内での操業はOKなのかと疑問を持ってしまう。

これは中国のポーズ。世界各地に漁船を配置し乱獲を行っている。

世界遺産に登録されてる地域まで大量の漁船を出して、バカスカ漁をする神経が理解できない。ましてや、エクアドル政府の、謙った大人の対応で、我々は感謝された!と豪語するあたり、もはや狂気の沙汰。アヘン戦争敗戦で没落、長く低迷し、解放改革という名のいかさまで私腹を肥やし、大国へと返り咲いた、いかにも成り上がり国家の典型。常識が通じない。

中国が重視している国は発展途上国。これらの国の指示を基盤にして世界制覇を狙っている。一帯一路、WTO、AIIB等は全てこのジャンルの国への支援で存在感を示している。この事例も同様に抗議に対して言うことを聞く素振りをし、ただでは引き下がらず、操業縮小の見返りで同盟国を拡大させて行く戦略と思われる。恐らく外交(裏取引)で経済支援を持ちかけていくものと思われます。


メロン
もうやりたい放題じゃん・・・
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です