少年法、18~19歳を厳罰化 & 実名報道も解禁か

Sponsored Link

少年法、18・19歳を厳罰化へ 実名報道も一部解禁案

記事によると

・少年法などの見直しを検討している法制審議会(法相の諮問機関)の部会が6日、法改正に向けた要綱原案をまとめた。

・最大の焦点だった20歳未満から18歳未満への適用年齢引き下げについては判断を見送る一方、18、19歳については家庭裁判所から検察官に送致(逆送)して刑事裁判にかける対象犯罪を拡大し、厳罰化を強める。18、19歳は実名などの報道を起訴後に可能にすることも盛り込んだ。

・早ければ9月に最終案がまとまる見通しで、法務省は来年の通常国会に改正案を提出する意向だ。

以下、全文を読む

ネットの反応

そもそも、明らかに悪意があってすごく悪いことをしてることに対しては、大人も子供もどこの誰であっても厳罰をうけるのが当然です。それに、テレビでも明らかな現行犯真っ最中の映像を流すのに、モザイクをかけてあげてるような変な気遣いはマスコミ失格です。厳罰であってはならないのは、冤罪の可能性がまだ一定数以上含まれる場合や、本当に偶発的な要因が多く含まれる、そういう限られた場合のみでは?

18・19歳を厳罰化、実名報道も一部解禁されるとなれば、犯罪について一定の抑止効果はあると思います。いっぽう、犯人が少年法に守られる年齢だからといって、別に被害が小さく(あるいは少なく)収まるというわけではないです。寧ろ、実名報道されずに社会的にも制裁を受けないことによって、被害者側の心情に悪影響を及ぼすようなら、犯人の年齢ではなく事件の程度で対応を分けるべきだと思います。

未成年をいいことに犯罪を犯しても少年法を盾に使う輩もいるからね。実名もだが顔も公開しないと抑止にはならない。

殺人や傷害致死に少年法は必要ないと思うんだが…。死刑になるような凶悪犯罪を起こした者に、更正のチャンスなど必要なのか?

未成年だから刑罰は軽い。それを裏手にとり凶悪犯罪に手を染める未成年。未来のある彼らにこそ重い刑罰を与えて更生を促すべきで、社会の規律や法律を破ったら苦しい思いをする事を骨の髄まで染み込ませる必要がある。名前の公開もその一つ。未成年の罪を軽くすることは未来への期待でも更正のチャンスでも何でもない。無責任な甘やかしだ。

厳罰化賛成です。インターネットが普及した事で、昔ならテレビ、雑誌で知識を得るのがほとんどでしたが、年齢問わずインターネットで何でも悪い情報も手に入る時代になっています。悪い知識を得て悪事を行うのは年々低年齢化しているが現実ではないでしょうか。年齢問わず殺人等残虐な行為は厳罰に対処するべきです。


メロン
20歳未満から18歳未満への適用年齢引き下げで良いと思うけどな・・・
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です