政府税調「財政悪化してるし消費税増税を中核に据えた議論が必要では?」←マジでふざけるなと物議に

Sponsored Link

「消費増税中核に」 政府税調、財政悪化を懸念

記事によると

・政府税制調査会(首相の諮問機関)は5日、ウェブ会議方式で総会を開催した。

・会合では新型コロナウイルス対応で財政悪化が一層深刻となっていることを懸念し、「消費税増税を中核に据えた、骨太の議論が必要ではないか」といった意見が出た。

・総会を開くのは今年1月以来。出席委員からは「次世代の負担を増やさないため、どういう税収確保が望ましいか議論する必要がある」などの指摘が相次いだ。

以下、全文を読む

ネットの反応

「消費増税中核に」。コロナの影響で倒産や廃業をしていく店が増え国民は生活していくのに大変な中、こんなことが言える国会議員や官僚は歳費を返還してください。

この状況下で、財政健全化、消費税増税を議論だなんて、どう考えてもおかしいだろう。今はまず積極的に財政出動するしかない。そういうフェーズにある。時代遅れの議論というより、もはや狂っている。

3%から始まり、今や10%。イコール、可処分所得が9割に減ってる、国民が金を使えなくなってる、ってことなんだぞ?しかも、使用用途さえ守られていない。ここ30年、国民の所得は碌に上がっていない。殆どの国は経済成長してると思うが、日本はどうだい。30年だぞ。何してた。これでまた増税してみろ、国民は愕然とするだろう。しかもどうせ、無駄に使うんだろ?あんたらに求められるのは増税や金足りないアピールではなく、国民を安心させ、金を如何に循環させるか、健全な社会を作れるかじゃないのか。

今の状態での増税は、ほぼ確実に経済成長を削ることになる。経済成長を犠牲にして増税をすれば、将来増えるはずだった税収分が減少することになる。税収が伸びないから、社会保障費の増大に対して予算が足りなくなって、増税。まさに増税スパイラルに陥っているだろう。短期的に予算が必要なら国債を発行すればいいし(今はほとんどデフレみたいなもんだし)、中長期的に税収を増やしたいなら経済成長しかない。

一回、消費減税の社会実験やってくれ。ある前提を切ったら何ヶ月後元に戻すで良い。絶対に総税収は伸びると思う。

まず、国会議員、官僚、の身を切る改革があり、議員定数の削減があり、徹底に無駄を省いてから増税の話しをしましょ。その額では今回の無駄に使った税金には足りないかもしれないが、国民が納得できるようになるにはまず、議員、官僚の身を切る対策が必要。

やはり政府は今後様々な増税策を出してくるつもりだな。元々この政府のコロナ対策の目詰まりはアベノミクス推進のため財政規律を無視してきた結果だろう。そういう意味でありとあらゆるところでこの政権であったがゆえの人災と呼ぶべきことはあちこちで起こってきている。国民は特にアフターコロナの政府の増税策には騙されないよう注意深く監視していかなければならないと思う。


メロン
押してばかりではなく、たまには引いて消費税を5%にしてみるのも良いかも知れませんよ政府さん・・・!
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です