【動画あり】レバノンの首都ベイルートで大爆発が発生、カルロス・ゴーン被告の自宅も破壊された模様

Sponsored Link

ベイルート大爆発でゴーン被告宅も被害 ブラジル紙

記事によると

・【サンパウロ時事】ブラジル紙エスタド・デ・サンパウロは4日、レバノンの首都ベイルートで発生した大爆発で、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(66)の自宅が被害を受けたと報じた。

・ともに暮らす被告の妻キャロル容疑者=偽証容疑で逮捕状=が同紙に語った。

・キャロル容疑者は「みんな無事だったが、家は破壊された。ベイルート全域が破壊された」と述べた。ゴーン被告の自宅はベイルートの高級住宅街にある一軒家で、爆発のあった港からは約5キロ離れているという。

以下、全文を読む

<関連記事>
レバノン首都で大爆発、死者73人 3700人負傷、化学物質引火か

Twitterより

https://twitter.com/borzou/status/1290769670077927431?s=20

ネットの反応

不幸にも命を落とされた方のご冥福と怪我を負われた方の一日でも早い回復をお祈り申し上げます。しかし、この事件を報じるメディアが安易に<核爆発>になぞらえるのはどうかと思います。それは規模的にも時間的な被害度合いでもレベルの異なるものでしょう。被爆後の日本の状況の資料を少しでも知っていたなら軽々に例えることなどとてもできないはずですよ。

朝起きて、ツイッターで映像みて、朝はこの話題一色だろうなと思ってテレビ付けたら、イソジンだった

Twitterで現地の動画を見たが、2回目の爆発はCGじゃないかと思うほどの威力だった。爆発してから衝撃波が球体状に拡がり全てを破壊していた。爆心地の近くに居れば人間なんて跡形もなくなってしまうだろう。郡山の事故の時にもみたが、爆発事故の野次馬は本当に死ぬからやめたほうが良い。大阪の天六の爆発事故、静岡の地下街爆発事故、多く人が野次馬で集まって死んでいます。過去を教訓に。

現場近くにいた人はまさに跡形なく吹き飛ばされている。いま発表されている死者数は遺体として数えられる数で、最終的には行方不明者の数が増えていくのだろう。一部報道では花火工場だったらしいが、花火を作るのに2,700tもの硝酸アンモニウムを保管する必要はなかったと思う。

ゴーンさん、家が被害とはお気の毒です。落ち着くまで日本に来たらどうですか?自由に外出はできませんが、頑丈な檻に囲まれたお部屋ならありますよ。

えーと、それは日産所有の物件で、ゴーンが不法占拠していて裁判している物件ですよね?被告宅と言うとゴーンの所有の様に聞こえる。正しく報道してよ。


メロン
いや、これはヤバすぎる・・・
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です