【悲報】ホッキョクグマ、温暖化の影響で80年以内に絶滅か

Sponsored Link

ホッキョクグマ、2100年までに絶滅危機 氷縮小で餓死

記事によると

北極圏で急速に進む温暖化の影響で、ホッキョクグマが2100年までにほぼ絶滅するとの研究結果が20日、科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジに掲載された。科学者は「彼らを救うには、地球温暖化を止めて生息地を守るしかない」と警鐘を鳴らしている

・研究によると、すでに幾つかの地域では、温暖化で氷が解け、氷上で餌となるアザラシを狩る時間が短縮。飢えによる体重減少が、厳しい冬を乗り越える力を奪うという悪循環に陥っている

・現在、野生のホッキョクグマは約2万5000頭。北極圏では、地球全体の2倍の速さで温暖化が進んでおり、このままでは13の個体群のうち、12の個体群が今後80年以内に姿を消すという

以下、全文を読む

ネットの反応

餌を求めて彷徨う姿は痛々しい。温暖化以上の悲惨な環境に置かれているのでしょう。ホッキョク熊が絶滅危機に置かれていることを私達人間も、今一度考えなければならない問題です

コロナという目の前にある人類共通の敵に対してお互い協力できないのに、温暖化というもっと漠然としたものにたいして協力できるわけないとしか。人口増加を抑制して現状の半分くらいにしないと無理。根拠ないけど多分30億くらいなら温暖化抑えられそう。人間多くなりすぎたと思う

2年前、大学の講演会で聞いた話だけど……今この瞬間二酸化炭素などの温室効果ガスを大幅に削減しても100年間は現在の気温とほぼ変化しないって教授が言っていたな。しかも二酸化炭素以外にも水蒸気も温室効果ガスに含まれるというね……個人的に人間がどうこう出来る話じゃないって思う。レジ袋の有料化とか生分解性プラスチックに関してもただのパフォーマンスであんまり意味ないって思うのは自分だけかな?

先進国と中国やインドをはじめとする後進国の間で温暖化対策の取り決めは成り立っていない。そこへ米国の脱退もありその枠組みは事実上崩壊している。この状態が今すぐ解決するとはとても思えない。ホッキョクグマを絶滅から守るためには自然回帰ではなく人工的な補助手段を考えた方が現実的だと思う

そもそも地球なんて温暖化と寒冷化を繰り返し起こしているんだからいずれは滅びるでしょ。地球温暖化を止めてーなんて言ってるけど、科学者が研究をするために移動したり機材を使ったりすることも温暖化に加担してるんだけど、どの口で言ってるんだろうなと思う。所詮、今の科学力では地球の天候や地震活動の予想すらも満足に出来ないのだから、地球温暖化を止める方法なんて出てこないだろうし、万が一出てきたとしても地球のサイクルに逆らってできるようなことなんてしれてると思うんだけどね


メロン
一個人が頑張ったところではっきり言って無意味だろうし、だからといってうやむやにしても本末転倒だし。国単位で本気で取り組むしか無いだろうなあ……
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です