行方不明になった飼い犬が思わぬ場所で発見され話題に

Sponsored Link

行方不明になった飼い犬、90キロ離れた転居前の自宅で発見 米

記事によると

・米カンザス州オレイサで行方不明になっていた飼い犬が、思わぬ場所で発見される出来事があった。4歳のメスのラブラドール犬「クレオ」が見つかったのは、ミズーリ州ローソンにある飼い主の転居前の自宅だった

・クレオは首輪をしていなかったが、毛並みはよく手入れされていて、野良犬には見えなかった。そこでスキャンして調べたところ、マイクロチップが埋め込まれていることが分かり、飼い主の名前が判明した

・その名前が、現在住んでいる家の元の持ち主の姓と同じだったことに気付き、フェイスブックでこの名前を検索したところ、飼い犬が1週間前から行方不明になっているという家族の投稿が掲載されているのを発見。早速、家の元の持ち主に犬が見つかったことを連絡したとのこと

飼い主一家が転居前に住んでいたミズーリ州の家は、カンザス州にある現在の自宅から90キロ以上離れていた。途中では川を渡るか、交通の往来が激しい橋を渡る必要があり、クレオがどうやってたどり着いたのかは分かっていない

以下、全文を読む

ネットの反応

マイクロチップ埋め込むのって普通なのか…?再会は喜ばしいが、これってそのうち人にも流用されそうで怖いね
 ↑↑↑
うちの犬も入ってるし、もう入ってるのがスタンダードやで。飼育放棄して捨てられるワンちゃんを減らすためだ

俺より頭いいやん

「再開できて本当にうれしい。あの子は私たちの全てだから」。これだけ大切に思われてたらワンちゃんも幸せだな。見つかって良かった

前の家まで行く道のりとか絶対分からないのになんでたどり着けたんだろう…?フシギダネ


メロン
帰巣本能すごっ!それにしても見つかって良かったな~!
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です