【名古屋】中国人男性、独自の競馬予想ソフトを使用して18億円儲ける→申告せず追徴課税10億円

Sponsored Link

馬券利益18億円申告せず 中国人男性、名古屋国税指摘

記事によると

・2018年までの五年間に競馬の当たり馬券で得た利益約十八億円を申告していなかったとして、名古屋市中区の三十代の中国人男性が昨年、名古屋国税局の税務調査を受け、所得隠しを指摘されていたことが関係者への取材で分かった。追徴税額は重加算税などを含め約十億円にのぼる模様

・関係者によると、的中させた勝ち馬券の払い戻しが約九十五億円あり、馬券購入代など経費七十七億円を差し引いた利益が約十八億円あったという。男性は競馬で得たすべての利益を申告していなかった

・知人らによると、中国人男性は留学のために来日し、大学卒業後は名古屋市内の保険代理店や古美術貿易会社などに勤務していた。競馬は副業として中国の投資グループから資金提供を受け、独自の競馬予想ソフトを使ってインターネットで馬券を大量購入していたとみられる

以下、全文を読む

ネットの反応

競馬予想ソフトよりも、競馬とかいう危なっかしい分野に77億円も投資する投資グループの方が気になる

独自の競馬予想ソフトを使い18億円の利益ってどんなソフトなんだよ…買わせてください

どうやってバレたのか気になるな…

競馬の還元率なんて8割弱くらいしか無いこと考えたら、純粋にすげえよこの中国人。俺は競馬はこういう二重課税が嫌いだから一切やってないけど

こ の ソ フ ト 売 っ て く れ


メロン
脱税は駄目だけど、18億円ってシンプルに凄いな……
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です