【日本滅亡】南海トラフ地震と関連している?富士山がいつ噴火してもおかしくない状態だと騒然に

Sponsored Link

「富士山」のマグマに異変が 専門家が警鐘「いつ噴火してもおかしくない」

記事によると

・実はこの4月、政府は富士山の噴火についてある警告のシミュレーションを発信していた。コロナ禍に埋れ、ほとんど顧みられなかった

・イタリアのポンペイが亡んだように、ひとつの国家ばかりか文明までを根絶やしにしてしまうのが火山の噴火。それが地震と連動して引き起こされることが、近年の研究で明らかになってきた

・たとえば、北米最大の火山地帯・イエローストーンは、噴火すればその火山灰によって全米を壊滅状態にさせるとの試算が出ています。遡って、約7300年前に起こった薩摩半島沖の鬼界カルデラの噴火では、四国以西の縄文人を破滅に追い込んだと言われています。その噴火を境にして、縄文土器の形式が南方系から北方系へと完全に移行しています

今後30年以内に70~80%の確率で発生すると言われている南海トラフ地震と、富士山噴火は多分関連しています。富士山が最後に噴火したのは1707年、江戸時代に起きた宝永(ほうえい)噴火で、大地震から僅か49日後の出来事でした。それから約300年、不気味な沈黙を続けている

この1200年の間だけでも富士山は11回噴火したが、ここまで長く平穏を保っていたことはない

・頻繁に噴火する火山は、簡単に言えば適度にガス抜きが行われており、大規模な噴火は起こりにくいという傾向があります。逆に言えば、前回からの間隔があいている富士山は、ひとたび爆発すれば大規模な噴火になる可能性が高い。近い将来に噴火するとは、火山学者の100%が同意するところ

・子供の頃、富士山は噴火などしない「休火山」だと、教室で教わった記憶をお持ちの方も多いのではないか。その認識はリセットしていただく必要がある

・富士山では、00年から01年にかけて、深部低周波地震が多く観測されました。人には体感できないほどの揺れですが、マグマや火山ガスに動きがあることを表すもので、噴火の前兆現象のひとつです。それまでひと月に10回程度だった揺れが、100回ほどに増加し、これが半年続いたことで、富士山はいつ噴火してもおかしくない、今も生きている火山だと分かった

以下、全文を読む

ネットの反応

江戸、鎌倉時代を除いて日本の中心は何故近畿地方なのか、何故関東地方は荒地だったのか。噴火が関係してんじゃないのかな?火山灰で農作物が壊滅的被害を受ければ死活問題だからね。その土地に一極集中の首都を作ってしまった日本。もう少し先人の振る舞いを謙虚に学んだ方がいいのではないかな
↑↑↑
なるほど納得。ただ単に制圧した武将の根城だからって理由じゃないんだね。
比較的災害が少なく、地盤も安定した所を都にするは当たり前の事だけど、やっぱり先人の知恵なんだろうね
↑↑↑
地震が少ないのも奈良県。更に言えば、雨雲進路の観点からは生駒山地の裏側であり、奈良盆地は台風・大雨の被害も少ない。最初の文化の都が飛鳥であった事も納得できる。(邪馬台国は別議論)当時の者達は、既に『飛鳥は日本内で安全である』と認識していたのかも

来るぞ来るぞと言われて半世紀以上が経つ。しかし、さすがに富士山の裾野に住んでいると見過ごすことのできない記事だ。子供の頃は防災訓練は年に2、3回はあったかと思う。40年くらい前の話なので今はどうなのか分からんが。住まいが富士山の東側なんで噴火したら偏西風に乗って火山灰やら噴石やらが飛んでくることは間違いないので、とても脅威に感じる
↑↑↑
コメ主さんのお気持ちとても分かります。当方長野県で御嶽山に比較的近いところに住んでいます。過疎地ですが、突如噴火した時は大パニックでした。これが都市部だと思うとゾッとします。噴火する山なんて話はとうの昔に忘れ去られていたので、集落の長老方々も「まさかそんな…」と唖然。今は上高地周辺で群発地震が発生しています。ここには焼岳があります。西之島や桜島も大規模噴火してる状況を考えると、コロナ対策も考慮した備えが必要です

火山の災害から身を守ることは大切。だけど被害に遭う場所に住まないという選択はしにくい。古くから火の国として、火山の恵みも受けながら、噴火のリスクとともにその地で暮らしてきた。被害に遭う場所には住まない方がいいという意見があったので。温泉や地熱発電など火山からの恵みもたくさん受けていますからね


メロン
さすが災害大国 日本だな……
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です