観光客の減少により奈良公園の鹿が続々と野生に帰っている模様

Sponsored Link

コロナ禍の観光客減で奈良公園のシカが「野生化」自然採食が増加

記事によると

・国の天然記念物に指定されている「奈良公園のシカ」が、新型コロナウイルスの感染拡大で観光客が減少したことによって、餌を与えられる機会が減り、“野生”の状態に近づいていることが、北海道大学などの調査で分かった

・2019年7月時点の奈良公園周辺に生息するシカは1388頭。これを100%として、1月と6月に奈良公園の中心部で確認された頭数を比較すると、以下のような結果となった

【昼】
1月:71.9%
6月:50.2%

【夜】
1月:56.5%
6月:34.9%

・これはなぜなのか? 理由として考えられるのは、餌を与えられる機会が減ったことから、奈良公園の中心部に滞在する時間が減る一方、周辺の山などで自然の植物を探す「自然採食」の時間が増えたためとみている

以下、全文を読む

ネットの反応

シカたないね…

宮島の鹿みたいになるんかな
↑↑↑
あそこの鹿に地図奪われて食われた思い出……。なんでも食べますよね、宮島の鹿

鹿ですらソーシャルディスタンス守ってるのに人間ときたら…

シカ達にとって観光客がストレスだ。って子もいたと思うからそういう子の事考えると良い事なのかな。 奈良県民でもないし、行ったこともないけど。


メロン
懐かしい……。何回か鹿せんべいあげたことあるなぁ……
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です