【10秒記事】この地球上で最も寿命が短い生物とは何なのか?

Sponsored Link

ウミユスリカ(寿命1時間)

ウミユスリカはユスリカ(揺蚊)の仲間であり、“蚊”という名前が付いていますが、人間の血を吸うことはなく、それどころか何も食べません。

それもそのはず、ウミユスリカはこのわずかな時間で仲間と合流し、パートナーを見つけ、交尾・産卵を行わなければならないのです。全ては子孫繁栄のためだけに生き、そして死んでいくのです。

 

メロン
ちなみに最も寿命が長い生物は“ベニクラゲ”で不老不死だそうだゾ!一説によると5億年以上生きているベニクラゲもいるとかなんとか……。
モモ
人類の歴史がおよそ300万年前だからベニクラゲは大先輩ということになるわね……。
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です