【10秒記事】ガソリン車に軽油を給油するとどうなるのか?

Sponsored Link

ぶっ壊れる

ガソリン車に軽油を給油して走行すると、エンジンから異音が発生しマフラーから黒煙が出ます。そして、エンジンの出力が低下して走行が困難な状況に陥ってしまいます。

これは軽油の粘度がガソリンよりも高く、燃料噴射ノズルから十分に噴射されず目詰まりを起こしてしまうこと。そして、ガソリンは-40℃で引火して爆発するのに対し、軽油は40℃で引火して燃焼するという性質の違いが原因です。

「エンジンに燃料を上手く運べず、さらにその燃料が使い物にならない」ということです!

 

メロン
もし間違って給油してしまった時は絶対にエンジンを掛けたら駄目だからナ!エンジンが壊れてしまったら何十万という修理費が掛かってしまうゾ!
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です