【10秒記事】鏡に映る顔と写真に写る顔が違うのはどうしてなのか?

Sponsored Link

左右反転しているから

人は鏡に映る左右反転した自分の顔の方が見慣れており、毎日目にするその顔に愛着が沸いて贔屓目に見るようになります。なので、見慣れていない逆の自分、写真の中の自分が異様なものに見えて違和感を感じてしまうのです。

だとすれば「やっぱり写真の自分が本当の自分なの?」ということですが、写真は写真で結局は2D(平面)でしかなく、どうしても平べったく写ってしまうのでそうとは言えません。

もし相手からどう見えているのか気になるのであれば、リバーサルミラーなどで確認してみると良いでしょう。

 

メロン
写真で見ても愛着が沸いて贔屓目で見えるはずの鏡で見ても「あるぇ?誰だこの不細工?」ってなる場合はどうすればいいの?教えて!モモ先生!!!
モモ
強く生きなさい。
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です