【10秒記事】世界で最も甘いものとは何なのか?

Sponsored Link

タウマチン(ソーマチン)

どうやらタウマチンとは、西アフリカの植物・タウマトコックス・ダニエリの果実に含まれているたんぱく質の混合物だそうです。では一体どれほど甘いのかというと、なんと砂糖の約3000倍甘いそうです。

現地などでは古くから甘味として利用されており、主な用途は食物や飲料の味付けに用いられているんだとか。

 

メロン
砂糖の約3000倍……。漫画みたいに噛んだ瞬間歯がボロボロになりそうな甘さだナ……。
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です