【10秒記事】年齢を重ねると「加齢臭」が出るのはどうしてなのか?

Sponsored Link

“ノネナール”という物質が原因

男女問わず40歳を過ぎた頃から老化、代謝の衰えなどによって増え始めるヘキサデセン酸という皮脂に含まれる成分が、もともと皮膚に存在している皮膚常在菌によって分解されることでノネナールが発生します。このノネナールという物質が加齢臭といわれる嫌な臭いをまき散らしているのです。

しかも、ノネナールは一年を通じて全身から分泌されており、皮脂(あぶら)から発生するので水に溶けにくく、お風呂やシャワーだけでは落ちにくい物質なんです。

 

メロン
……何だと!?対策は?対策は何かないのか!?可愛い娘に「……パパ臭い」なんて言われたくないゾ!!
モモ
いや、あんたまだ23歳だし娘どころか独身じゃない……。まあ、とりあえず加齢臭に効くボディーソープとか使ってみればいいんじゃない?
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です