【10秒記事】失恋すると胸がズキズキと痛むのはどうしてなのか?

Sponsored Link

興奮状態が収まり胸の痛みに気づく

人は恋愛をするとステロイドというホルモンが分泌され、ステロイドが交感神経を刺激して興奮状態になり、心拍数が増加して血圧が上昇し心臓に負担がかかっています。恋をしている間は興奮状態なので痛みに鈍感ですが、失恋した時は興奮状態だけが収まってしまうので胸(心臓)が痛むのです。

振られてから気づくこの胸の痛み……。失恋はとても辛いことですが、何だかロマンチックでもありますね。

 

メロン
ドキドキ ドキドキ

も、モモ!!!

ドキドキ ドキドキ

お、俺と付き合ってくれ!!!!!

ドキドキ ドキドキ

モモ
    え、無理。
メロン
うあああああああっ。

む、胸が痛いゾオオオオオ!

これがステロイドの痛みかアアアアア!

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です